HOME>オススメ情報>委託管理の種類及び手数料の相場や内訳について
住宅模型

委託管理の種類

賃貸経営を安定させるためには、賃貸管理がとても重要になります。ここでいう安定というのは収入と支出のバランスのことであり、物件の稼働率を維持させながら、無駄なコストは抑えていくということです。賃貸管理の手法にはいくつか種類がありますが、管理委託と呼ばれる方法が注目されています。管理委託には、建物管理業務の委託と基幹業務の管理委託があります。前者は建物の保守メンテナンスを専門の業者に依頼して、賃貸運営をサポートすることです。また後者は、新規入居者の募集から入居中の対応、さらに退去時の精算までをトータルで管理してもらうサービスです。さらに家賃の集金業務も、管理会社が担当することになります。

委託管理の手数料

賃貸管理を自己管理で行うことが難しい場合、管理会社に委託することも1つの方法です。これを委託管理と呼んでいますが、当然ながら管理報酬費用(すなわち手数料)が発生します。一般的に管理報酬費用は、家賃収入の何パーセントという形で算出されます。そうなると手数料5パーセントの管理会社よりも、3パーセントの管理会社の方が良いということになります。しかし管理会社によっては、別途システム手数料が必要となることがあります。そのため、管理会社に委託するときは、複数の会社を比較することが肝心です。

手数料の内訳

委託管理によって賃貸管理を継続している人も少なくありません。委託管理の場合、どうしても気になるのが管理報酬料です。一口に管理報酬料といっても、管理会社によって様々な内訳を設けているところがあります。例えばシステム手数料。これは新規入居者と契約が成立した場合に、成約賃料1ヶ月分などとして請求されることがあります。また、更新事務手数料が発生することも少なくありません。これは入居者が契約更新するたびに、新家賃の何パーセントを手数料として請求されることです。このように手数料の内訳は様々あるので、管理会社を選ぶと気にしっかりチェックする必要があります。

広告募集中